あなた色に輝いて歩もう

(6)同性愛や性同一性障害の人達のコミュニティーについて教えてください。主観的には、当事者の方同士のみでの繋がりが強いように思ってしまいます。

(答)スポーツチーム、飲み会サークル、出会いを目的としたもの、学びの会、当事者同士の座談会、当事者の両親の会など幅広く存在しています。特にネット上では数えきれない程様々なコミュニティが存在しています。セク毎に集まっている場所もあれば、LGBTのMix、非当事者も交えた会などセクに限らず様々なグループが全国に大なり小なり存在しています。ただそれが、依存になるのかどうかはわかりませんが、情報が限られているが故に出向く人もいればそこが自分の居場所になっている方、心おきなく自分を出せる場所だからと参加される方もいます。その反面、群れたくない、関わりたくない、別にどちらでもよいと思っている人もいるので、当事者だから必ず当事者同士の集まりやコミュニティに行くのかと言えばそういう訳ではありません。僕自身は面白そうだったり、興味があれば当事者の集まりにせよ、そうでないにせよ参加しています。特に当時者のチームだから参加するとか、LGBTの人だからという基準では決めていません。興味があるから行く!ただそれだけです。

LinkIcon100問答TOPに戻る

松浦への相談ボタン松浦への相談ボタン
セクマイに関する法律上のご相談やご依頼は松浦までご連絡ください

toplogonew.gif

セクマイの悩み解決マニュアル

本人・家族・友人・パートナーの方へ

セクマイの悩みセクマイの悩みを堀川が解説

同性愛者の方、GIDの方、共通する悩みもあれば、そうでないものも多々あります。また、当事者としての悩みがある一方では、ご家族やパートナー、ご友人自身が持つ悩みや相談事もあるはずです。当サイトでは、できるかぎり様々な視点・切り口でのお話しを取り入れています。あなたに役立つヒントが、このメニューの中にあるかもしれません。
LinkIconメニューの詳細はこちらから

セクマイのハッピー法律入門

パートナーとのハッピーな将来を作るために

法律相談パートナーとの絆をどう法律で作るかを松浦が解説

セクマイの方が、パートナーと幸せな家庭を築くための手段をピックアップして説明しています。パートナーとの結婚・病気時などのお世話・老後・財産・関係解消時のことまで、詳細に説明をしています。なお、皆さんの思いとしては、「私たちは、ここまでしなくてはいけないのか、理不尽を感じる」というものもあるかもしれません。けれど、これらで、パートナーの将来(財産)や、お互いの関わり(互いのお世話など)を護ることができるわけです。そして、1つずつ、自分達の今後を確認しながらする手続きや作業は、必ず二人の絆を深めると信じています。LinkIconメニューの詳細はこちらから.