あなた色に輝いて歩もう

(7)最近、男性・女性の線引、境界線がぼやけているように感じます。
GIDの方から見て、男女における視覚的な境界線がさらにぼやけてきた時、
そこで起こりうる弊害について、何か思われる点はありますか?

(答)確かに近年、男性だから、女性だからという性自認の押しつけは昔と比べれば
少なくなってきたようにも感じます。
とは言えまだまだ「男性、女性はこうあるべきだ。」という自身の価値観を押し付けも
残っています。
そうした性に対する役割意識を強く抱いている方からすると、境界線がぼやけて
来ていることへの不安感はあるかもしれません(自分が考えている世界とは
違うことが起きているのですから)。

ただ、そもそも男女における線引きが何になるのでしょうか?

肉体的な性差は少なからず否めませんが、固定観念的な線引きは少しずつでも
緩和してゆくべきと考えています。
とはいえ、我々は男女における性差の考え方をを無くことを求めている
のではなく、それよりも、まず“人”として接する大切さにウエイトを
置いてもらいたいという気持ちでいます。
性の捉え方は人それぞれであって、その考えを全面否定・肯定ということは
できません。人の考え方は自由ですから。
いずれにしても、上記の考え方からすれば、質問自体が意味のないものなのかもしれません。

LinkIcon100問答TOPに戻る

松浦への相談ボタン松浦への相談ボタン
セクマイに関する法律上のご相談やご依頼は松浦までご連絡ください

toplogonew.gif

セクマイの悩み解決マニュアル

本人・家族・友人・パートナーの方へ

セクマイの悩みセクマイの悩みを堀川が解説

同性愛者の方、GIDの方、共通する悩みもあれば、そうでないものも多々あります。また、当事者としての悩みがある一方では、ご家族やパートナー、ご友人自身が持つ悩みや相談事もあるはずです。当サイトでは、できるかぎり様々な視点・切り口でのお話しを取り入れています。あなたに役立つヒントが、このメニューの中にあるかもしれません。
LinkIconメニューの詳細はこちらから

セクマイのハッピー法律入門

パートナーとのハッピーな将来を作るために

法律相談パートナーとの絆をどう法律で作るかを松浦が解説

セクマイの方が、パートナーと幸せな家庭を築くための手段をピックアップして説明しています。パートナーとの結婚・病気時などのお世話・老後・財産・関係解消時のことまで、詳細に説明をしています。なお、皆さんの思いとしては、「私たちは、ここまでしなくてはいけないのか、理不尽を感じる」というものもあるかもしれません。けれど、これらで、パートナーの将来(財産)や、お互いの関わり(互いのお世話など)を護ることができるわけです。そして、1つずつ、自分達の今後を確認しながらする手続きや作業は、必ず二人の絆を深めると信じています。LinkIconメニューの詳細はこちらから.