あなた色に輝いて歩もう

公正証書遺言の作成手続き

遺言書自体の説明は、遺言書(パートナーに財産を残せる唯一の方法&リスク対策)をご参考いただき、こちらのページでは、実際の作成手順を説明させていただきます。

※ 遺言書には、公正証書遺言の他、自筆証書遺言などもありますが、ここでは公正証書作成の流れをお話しいたします。理由としては、別ページの“遺言書には、自筆証書遺言や公正証書遺言などがありますが・・”のページを参照してください。

STEP1:遺言書に記載する内容を考える

  1. パートナーへ何を提供するか(財産の分配)
  2. 葬儀の方法
  3. 誰に遺言執行者をお願いするか(遺言執行者の設定)
  4. 伝えたいメッセージ(付言) ・・・ などを考える。

松浦コメントこの後、公証人の方に遺言書作成の依頼をするわけですが、一点注意があります。それは、公証人の方は、相談を受ける方ではなく、原則、決まっている内容を書面にする立場であるということです。つまり、揉めないような内容にするためには・・、というような、内容に関する相談は原則受けることはいたしません(中にはおられるかもしれませんが)。ですので、内容に関する部分は、お近くの法律家や私にご相談ください。状況をお聞きして、そのうえでベターな方法についてのお話しをさせていただきます。

STEP2:公証役場へ行き、公証人へ遺言書の作成を依頼(電話で予約を)

遺言書に記載されたい内容のメモ書きを持ってゆかれてください。書かれる内容によって、今後必要になる提出書類が変わってきますので、それについても、お話しを聞くことができます。なお、公証人手数料の支払いは、遺言書の完成日でOKです。

私や法律家に作成の依頼をされた場合には、その方が公証人との打ち合わせや、必要書類の提出をサポートしてくれますので、当人の方は、完成日に公証役場へ出掛けていただければOKです。また、遺言書の作成時には2名の証人が必要となりますが、これも引き受けてくれると思います(松浦と堀川でも可能です。また、松浦は遺言執行者になることも可能です)。
※ パートナーの方は証人になることはできません(遺言執行者は可)。法律上、財産を受ける方は証人にはなれないとされております。

STEP3:公証人から出された遺言書の原案を確認

最近はファックスだけでなく、メールで対応して下さる公証役場も多いですよ。メールやファックスで原案を送っていただき、それでOKであれば、完成日を予約されてください。

各所の公証役場はこちらのページから確認をされてください(結構各所にありますよ)。

STEP4:OKであれば、証人を2名用意して、完成日を予約

入院をされている場合などは、公証人の方に来ていただくことも可能です(出張費は必要となります)。
なお、公証人手数料は、遺言書に記載をする財産的価値※により変わってきますので、事前に公証人へ確認をしておかれてください。

参考:公証人手数料

※ 100万円を超えて200万円までは7千円、200万円を超えて500万円までは1万1千円、というように書かれていますが、たとえばパートナーへ150万円の預貯金と、固定資産評価額が400万円の不動産を提供するという場合には、7千円プラス1万1千円=1万8千円、ということになります(書類の枚数に応じて費用が加算されますので、このケースでも数千円がプラスにはなります)。

必要書類例

□ 遺言者(遺言書を作る方)の印鑑証明書 ※ 遺言作成日から3ヶ月以内のもの

□ パートナーの住民票

※ 法定相続人に財産を提供する場合には、その方の戸籍謄本
※ 戸籍謄本は、私(行政書士)が取得することが可能です。財産を提供する方へ、今の時点で遺言書作成を知られたくない場合には、行政書士などを利用して進めてください。

□ 不動産:登記簿謄本(全部事項証明書)・固定資産評価証明書

□ 不動産以外(動産)

・ 預貯金:通帳の表面、開いた1ページ目、預貯金額が分かるページをコピー(金融機関名や口座番号が分かるように)

・ 保険類:保険証券のコピー(証券番号や名称などが分かるもの)

□ 遺言執行者を設定する場合には、その方の住民票

松浦コメント預貯金は、その額を残しておかなければならない、ということではありません。たとえば、亡くなった際に、その金融機関にある預貯金の全てを提供、ということや、○○万円はパートナーに、残りがあれば法定相続人の誰それさんに・・、ということでも可能です。
なお、預貯金や保険類は分かり易いですが、それ以外の細々とした物もありますが、それらは、特定の物を示して○○さんに提供・・、ということや、包括的に○○以外の財産は全て誰それに・・、というような事も可能ですよ。

色々な思いがあるかと思いますが、遺留分についても考慮をし、相続が争続にならないような配慮も考えて見てください。遺留分については、遺言書~パートナーに財産を残せる唯一の方法&リスク対策~で説明をしておりますので、そちらをお読みになってください。

松浦への相談ボタン松浦への相談ボタン
セクマイに関する法律上のご相談やご依頼は松浦までご連絡ください

toplogonew.gif

セクマイの悩み解決マニュアル

本人・家族・友人・パートナーの方へ

セクマイの悩みセクマイの悩みを堀川が解説

同性愛者の方、GIDの方、共通する悩みもあれば、そうでないものも多々あります。また、当事者としての悩みがある一方では、ご家族やパートナー、ご友人自身が持つ悩みや相談事もあるはずです。当サイトでは、できるかぎり様々な視点・切り口でのお話しを取り入れています。あなたに役立つヒントが、このメニューの中にあるかもしれません。
LinkIconメニューの詳細はこちらから

セクマイのハッピー法律入門

パートナーとのハッピーな将来を作るために

法律相談パートナーとの絆をどう法律で作るかを松浦が解説

セクマイの方が、パートナーと幸せな家庭を築くための手段をピックアップして説明しています。パートナーとの結婚・病気時などのお世話・老後・財産・関係解消時のことまで、詳細に説明をしています。なお、皆さんの思いとしては、「私たちは、ここまでしなくてはいけないのか、理不尽を感じる」というものもあるかもしれません。けれど、これらで、パートナーの将来(財産)や、お互いの関わり(互いのお世話など)を護ることができるわけです。そして、1つずつ、自分達の今後を確認しながらする手続きや作業は、必ず二人の絆を深めると信じています。LinkIconメニューの詳細はこちらから.